本文へスキップ

一茶庵手打ちそば・うどん教室では手打ちそば屋開業をサポートしています。

TEL. 045-453-7756

〒221-0044 神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-2-7MSビル101

手打ちそば店開業に向けて確かなそば打ち技術を身につけることができます。

手打ちそば屋開業に必要な技術・知識が短期間で習得できます

教室代表・片倉英統の祖父である一茶庵創業者・片倉康雄が主宰した「日本そば大学」(昭和48年開講)が当そば教室の前身であり、これまでの40年以上に及ぶ長い歴史の中で達磨・高橋邦弘氏をはじめ、多数の有名手打そば店主、そば教室指導者などを輩出しています。

教室に用意してあるそば道具は業務用の本格的なものを用意してあります

手打ちそば店開業に必要なのはそば打ちだけではありません

正確な調理技術とそれを活かしてお客様にいかに短時間で商品を提供できるか?さらには店造りや資金計画など・・・。 一茶庵だからこそ20日間の短期間でこれら開業に必要な技術・知識を身につけることが出来ます。

手打ちそば店の開業をめざす方以外でも受講可能です。そば職人としての技術を習得したい、趣味のそば打ちを極めたいなどの目的で受講される方もいらっしゃいます。

受講時、既に具体的な開店計画が完成している方は少数です。覚えた技術や知識をベースにして、どういう形にご自身の蕎麦屋を作り上げていくのか・・・蕎麦屋開業へのプランを考える時間にもなります。

最近では「蕎麦屋を開業」とはいっても、自宅の改装や敷地の一部などを使って低予算で開業される方、体力的に無理なく続けられる範囲で、と営業日や時間を限定した形での開業など店舗のスタイルは様々となっています。これまでに全国で多くの卒業生が開業しているので、さまざまな事例を基にそば店開業に向けてのアドバイスをすることが可能です。

そば打ちなど実習だけでなく、資金計画や店づくりなどの講義も行います

全国で多くの開店実績があります

これまでに多くの卒業生が全国各地で開業されています。多くの方が調理や飲食業未経験からのスタートで開業されました。

卒業生の店舗紹介へのリンク

卒業後、物件探しや店舗の工事、開業に向けてのトレーニングなどしっかりした計画と準備で進めて行けば、長期間のそば店での修業などはそれほど必要なく開業できます。

資金はどれ位必要か?資格がないと開業できないのか?開業に向けてそば打ち技術の習得以外にもいろいろ不安な点は出てきます。受講期間中だけではなく、受講終了後でもご要望があれば開業に関するご質問・ご相談に対応します。

そば打ち技術の習得

「そば打ちが覚えることが出来るか不安…」20日間の授業内では毎日そば打ち実習をおこないます。講師のそば打ち見本のあとでそば打ち実習をおこない、丁寧に指導していきます。

プロコース授業の様子。未経験の方でも基本から段階的に覚えていきます

20日間の中で基礎からスタートして、量や種類を増やしながら実際の店舗でも対応できるようにそば打ち技術を習得していきます。

ステップ1 そば打ちの基礎を覚える

授業ではせいろそば500g(5人前)を打つことからスタートします。まずは正確な作業手順を覚えることを重視しながら基礎を身につけます。大きさ・厚さなど具体的に数字を示しながら、 覚えていくのでそば打ち未経験の方でも短期間で習得できます。

ステップ2 そば打ちの応用を覚える

基礎を身につけたら、次は応用です。20日間の授業の中で覚えるそばの種類は基本のせいろそば以外に田舎・白雪・変わりそば・十割そばなど多くの種類のそば打ちを行います。そば店開業後はこのようなそばをメニューに取り入れていくことも可能です。

基本のせいろそば以外もさらしなそば、変わりそば、十割そばなどを実習で打ちます

ステップ3 店舗でのそば打ちに対応する

そば店開業後は一度に量を打つこと・短時間でそばを打つ技術も必要になります。授業では500gからスタート後、1kg(10人前)で打つ実習やそれを繰り返しおこない店舗でのそば打ちを想定した実習も取り入れていきます。

こうして段階的に覚えて頂くことと繰り返し毎日そば打ち実習を行うことでしっかりしたそば打ちの技術を身につけることが出来ます。

種物・一品料理

そば打ちが出来るだけでは、メニューは限定されてきます。さまざまな食材と組み合わせて「種物」を提供することでメニューの品数を増やす、客単価を上げることにつながっていきます。

天ぷらそばや鴨南蛮など定番の種物から一品料理まで、さまざまなメニューを実習に入れています。 才巻海老や国内産鴨肉などの実際の店舗でも提供できる良質の食材を使用して実習をおこないます。

 

天ぷらそば、鴨南蛮などそば屋の定番メニューも実習に取り入れていきます

シミュレーション実習

そば打ちと調理実習で多くの品を覚えることが出来ました。次の段階は調理から提供の作業をいかに丁寧確実に短時間でおこなうか。飲食業での経験がないとなかなか難しい作業です。

教室内にはそば打ちのスペース以外に、業務用そば釜などを揃えた実際の店舗と同規模の専用厨房設備を完備しています。授業ではこれらの設備を使ってそばを茹でる、調理をするなど店舗に近い形で作業をおこないます。また授業後半ではそば店での営業を想定したシミュレーション実習もおこないます。店舗での「注文→調理→提供」という流れに沿って実習をおこなうので、飲食業未経験の方でも営業に沿ったポイントを覚えることができます。

厨房設備は実際の手打ちそば店舗と同様のものを用意しています

製粉実習

そば粉を店内で製粉する「自家製粉」を導入する方もいらっしゃいます。玄そば(そばの実)からどういう工程を経てそば粉になるのかを知って頂く為に製粉の実習も行っています。そば教室内には石臼製粉機をはじめ、 石抜き、磨き、粒揃え、脱皮、といった各製粉作業に必要な機械類を用意してます。

20日間の授業ではそば粉の製粉実習も行います。

卒業後のサポート

教室受講後でも物件や資金計画などそば店開業に関するご相談やご質問にも対応しています。

資金計画や店舗・厨房設計についてのご相談

実技以外の資金計画や店舗設計などの蕎麦店開業に関する内容については20日間の受講期間内でも外部から専門講師も招きながらお教えしていきますが、受講終了後に計画を進める中で不明点が出てくる場合もあります。当教室ではご希望の方には受講終了後でもご相談・ご質問に対応しています。これまでの数多くの卒業生の事例を基に各条件に適したアドバイスが可能です。

そば粉・食材等の仕入れ

そば粉や各種食材などそば店開業に必要な食材は希望される商品が地域によっては仕入れ業者が見つからない場合もあります。 ご希望の方にはそば粉の販売や各種食材の仕入先のご紹介等も行っております。

資料請求・教室見学受付中です

お申し込み・受講前の方でも手打ちそば店開業に向けてのご不明点・ご質問などに対応します。資料請求・教室見学も随時受付中です 。

教室外でのそば打ち普及活動

当教室ではこれまでに教室外において、そば打ちを普及させる活動も行いました。こちらで紹介してます。 

バナースペース