本文へスキップ

一茶庵手打ちそば・うどん教室では手打ちそば店開業をサポートしています。

TEL. 045-453-7756

〒221-0044 神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-2-7MSビル101

手打ちそば店開業に向けて確かなそば打ち技術を身につけることができます。

授業の詳細をご覧になりたい週をお選びください

1週目の授業内容へのリンク

2週目の授業内容へのリンク

3週目の授業内容へのリンク

4週目の授業内容へのリンク

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

そば打ち道具

1日目

始業式 本返し

いよいよ20日間の授業が始まります。

まずは教室の経緯や授業の進め方、現在のそば事情についての説明・講義の後、そば打ち作業の進め方・道具の扱い方を知ってもらう為に講師のそば打ち見本を見て頂きます。

その後は実習。まずはつゆの基本となる「本返し」の作り方をお教えします。そば打ち実習はせいろそば500g(約5人前)を道具の用意や使い方なども覚えながら打ちます。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

せいろそば

2日目

せいろそば ざる汁 

午前中は約1時間ほど講義の時間となります。この日は鰹節、ざる汁について。休憩後、ざる汁を作る工程を実際に見ていただきます。手打ちそば店ではそばだけでなく、汁も重要なポイントになります。

その後はそば打ち実習。毎日、講師の見本そば打ちを行い、その後そばを打つという手順で進めていきます。まず大切なのは正しい作業手順を覚えることです。

出来上がったそばを茹でる作業も非常に重要です。店舗で使用するのと同じ業務用そば釜で茹でて試食します。 そのあとは再度そば打ちの練習をします。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

鰹節

3日目

かけそば かけ汁

講義はそば粉について。 同じそばの実からでもいろいろな種類のそば粉が出来上がります。

汁はかけ汁をつくります。ざる汁と同様、材料は薄く削った鰹節を使います。だしのとり方が前日のざる汁と少し異なります。 前日と同じようにそば打ち実習を行ないます。指摘をされても自分で見てみないと分からない場合もありますのでビデオ映像を使っての説明も行います。

出来上がったそばと汁を使って、この日はかけそばにして試食します。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

田舎そば

4日目

田舎そば せいろ1kg 製粉

講義は製粉工程などの製粉技術について

そば打ち実習ではせいろそば1kgと田舎そばを打ちます。1kgで打つことで店舗での実践的なそば打ちに慣れることができます。量は増えますが打ち方は変わりません。田舎そばはせいろよりも黒っぽいそばです。このように様々なそばを打っていきます。

手打そば店でご自身で製粉をお考えの方も多いですが、こういった自家製粉を希望する方のために製粉実習も行っています。簡単な作業の流れだけにはなりますが2日間に分けて実習を行います。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

茶そば

5日目

白雪 茶そば

第1週の最終日です。そば打ち実習は白雪そば(さらしなそば)と変わりそば(茶そば)を打ちます。白雪そばは真っ白な細いそばです。ここにいろいろな材料を練りこむと「変わりそば」が出来上がります。茶そばもそのひとつです。白雪に抹茶を練りこんだそばです。

製粉実習では前日の続きを行います。 最後に出来上がった粉でそばがきを作り試食します。 こうして最初の5日間が終わります。そば打ちの反復練習でまずはしっかりと基本を身につけます。

資料請求・教室見学受付中です

一茶庵手打ちそばうどん教室プロコースでは教室見学・資料請求を受け付けています